【初心者向け】貯金のはじめ方

お金

スポンサーリンク



エンジニア投資家のラットです。

多くの人が今年こそは貯金するぞと考えていると思います。

いざ貯金を初めてみると、全然貯まらなくて、頭を悩まされていると思います。

今回は、貯金を始めたいと言う方のために、ノウハウをまとめて行きたいと思います。

目次【本記事の内容】

貯金する目標の明確化

貯金を続けて行くには、明確な目標が大切です。

なぜ貯金するのか?

皆さんはこの様な問をされた時に、答えられますでしょうか。

この問に対して明確な答えを持っていないと、貯金をするだけで終わってしまいますし、長続きしません。

目標を明確にすることで、どのくらい貯めればいいのかも分かるので、無駄に節約をする必要性がなくなります。

今の生活を犠牲にしてまで、節約はやる必要はないので、バランスが重要であると思います。

お金は手段、目標をイメージする

お金は手段であり、目標ではないことを忘れない事が大切です。

いつの間にか、貯金することが目標にすり代わっている人がよくいます。

お金自体には価値はありません、それを使うからこそ、対価が得られるものになります。

お金を使って、経験や時間を手に入れることが一番大切なことであることは、忘れずにしなければなりません。

また、目標は具体的であればあるほど、効果が高いです。

「1年後に100万円を貯める」ではなく、「半年後海外旅行に行きたいから20万円貯める」など時期や、やりたいこともあると、モチベーションも上がると思います。

貯金をはじめるには

実際に貯金をはじめていく方法について、より掘り下げて行きたいと思います。

貯金の一歩

現状把握

目標を立てる前に、現状のお金の流れを把握することが大切です。

毎月の収入と支出を記録して、自分の癖を掴む必要があります。そして、現状を把握することで、無理のない目標設定に繋げることができます。

家計簿をしたことがない人は、苦戦すると思います。

ただ、今はマネーフォワードなど家計簿アプリで簡単記録することも出来ますので、初めやすくなっていると思います。

目標金額の設定

目標金額の設定は重要な項目になってきます。前項でも、目標のイメージを具体的に持つことが重要であることを触れましたが、ここではさらに細分化して行きます。

例えば、「1年後までに結婚資金として100万円貯めたい」という目標があるとします。

この目標に対して、更に月に落とし込んで、「月に8万円貯める」にするとより分かりやすくなると思います。

会社員の人だと、ボーナスがありますので、それを含めるとより、リアルな金額になると思います。

「1年後までに結婚資金として100万円貯めたい→ボーナスとして50万円/年、普段の給料から月に4万円で100万円貯める

というように、マイルストーンを細かく設定することで、モチベーション低下防止に役立ちます。

貯金の方法

先取り貯金がオススメ

先ほどの例で、ボーナスで50万円/年、普段の給料で月に4万円貯めると書きましたが、給料を貰っても直ぐに使ってしまい、お金が残らないと思います。

こういった場合は、先取り貯金をオススメします。

月の給料やボーナスを貰った時に、まず貯金をしてから、残りのお金で生活することで、必ずお金が貯まっていきます。

銀行などで、指定した月になると強制的に貯金口座に移すことも出来ますので、使うことを推奨します。

モチベーションを落とさない方法

貯金してて、一番の敵はモチベーションであると思います。

目標のない貯金や、無理な目標を立ててしまい達成出来なくて落ち込むなど発生します。

貯金をするのに当たって心に留めなければならない事は、今の生活が一番大切であると言うことです。

今しか体験出来ない事を我慢してまで、貯金することはやめた方がいいと思います。

今があるからこその、未来であるので、今の生活を大事にしつつ、未来の事も考えるというバランスが重要です。

まとめ

今回は、貯金のはじめ方について考えてきました。

今の自分に対しての、自己投資を削ってまで貯金することは、私は推奨しません。

貯金の目標を明確にして貯めることで、本当に必要なことなのかも見えてくると思います。

少しずつ、自分のやりたいことを見つけて、自分を成長させるために貯金をして行くことが、最も大切なことであると感じます。

スポンサーリンク