【初心者向け・図解】モバイルSuica特急券の使い方

交通

スポンサーリンク



エンジニア投資家です。

モバイルSuica特急券に変わりまして、えきねっと新幹線eチケットに2020年3月14から移行する事が決定しています。
移行内容についてまとめた記事を下記に記載しますので、一読を推奨します。

モバイルSuica特急券⇒えきねっと新幹線eチケットに変更

現在、多くの方が使っているのが、交通ICカードサービスになります。特にその中でも、JR東日本が提供するSuicaは日本で最も普及している交通ICカードになっています。

最近では、スマートフォンが普及したことから、モバイル版を使用する人も増えています。

私も普段からよく使う機会が多く、普段の買い物等でも一番使用頻度がある、キャッシュレスサービスです。

サービスの中には、モバイルSuica特急券というJR東の新幹線に切符を持たずに、電子情報のみで乗り降りをすることが出来るものがあります。

今回は、モバイルSUica特急券の使い方について紹介して行きたいと思います。

注意点
モバイルSuica特急券のサービスは2020年3月を持って、終了予定です。

便利なサービスであり、利便性と割引もある事から普段から使用しているので、とても残念です。

下記にサービス終了の詳細をまとめていますので、参考にしていただければ幸いです。

【悲報】モバイルSuica特急券のサービス2020年3月まで

目次【本記事の内容】

モバイルSuica特急券の概要

まず、モバイル特急券のサービス内容について簡単に紹介して行きます。

モバイルSuicaとは

モバイルSuicaとは、JR東日本が提供する、おサイフケータイとスマートフォンに対応したIC乗車カードになります。

ネット上で、Suicaのチャージや普通車グリーン券の購入、新幹線の予約などが行えます。

紙の切符を持たずに、スマホ1台でJR東日本のサービスを使うことが出来ます。

下記でモバイルSuicaについての詳細を記載していますので、是非、見て下さい。

【初心者向け】モバイルSuicaのススメ

モバイルSuica特急券

モバイルSuicaのサービスの1つであり、新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)がチケットレスで利用できます。

乗車日、時間、座席を自由に選択出来、ネット上で予約の全てを行えます。

スケジュール等の変更があった場合には、手数料なしで変更を行えるため、柔軟に対応が出来ます。

また、スーパモバトクという早割サービスがあります。通常のモバイルSuicaでの料金と比較して1000円ほど割引が行われます。

例として、
東京⇒金沢のスーパーモバトクの割引額は1300です。 

購入期間:乗車日の1ヶ月前の1000から前日の2340まで。
日時や座席の変更はできません。

払い戻し時は、別途手数料が掛かりますので注意して下さい。

モバイルSuica特急券の使い方

モバイルSuica特急券の使用方法について、詳しく紹介して行きます。

モバイルSuica特急券の購入方法

今回は、東京⇒金沢の新幹線を普通に購入する方法について手順を踏みながら、解説して行きます。

東京⇒金沢の新幹線 購入方法
1.ホーム画面
2.モバイルSuica特急券メニュー
3.新幹線方面選択
4.日時・区間・種別選択
5.列車選択
6.条件指定選択
7.座席位置選択
8.購入内容の確認

1.ホーム画面

まず、アプリを起動するとホーム画面が移りますので、右下にあるチケット購入Suica管理を選択します。

2.モバイルSuica特急券メニュー

今回は、時刻を指定して購入を選択します。
※この画面で、座席変更や払戻し等が行えます。

3.新幹線方面選択

今回の行先は金沢ですので、下の上越・北陸(長野経由)新幹線を選択します。

4.日時・区間・種別選択

乗車日と出発時刻、乗車駅と降車駅、利用種別を選択します。ここでは、以下の様な内容で入力をしました。

入力が完了しましたら、右上の次へを選択します。

5.列車選択

選択した乗車日や行先によって適切な列車の一覧が表示されますので、自分の好き時間の列車を選択します。

ここでは、赤枠の「かがやき」にします。

割引きマークが付いているのが、スーパーモバトクの対象になります。

6.条件指定選択

ここでは、座席のグレードを選択できます。また、スーパーモバトクを選択したい場合もこの場面で選べます。

今回は、スーパーモバトクの普通車指定席を選択します。

スーパーモバトクの場合は、以下の様な説明ページが表示されますので、特に問題がないようでしたら、同意して先に進むを選択します。

7.座席位置選択

座席をシートマップから指定することが出来ますので、選びたい場合は「シートマップより指定」を選択します。

シートマップ指定画面に移ります。号車を変更したい場合は青枠の再検索を選びます。ここでは、10号車の座席を選択しますので、再検索はしません。

赤枠の16-A席を選択すると以下の様に座席にチェックが入ります。座席の選択が出来ましたら、右上の次へを選びます。

8.購入内容の確認

最後に購入内容確認ページに移りますので、乗車情報に問題がないようでしたら、赤枠の支払い方法を選んで支払い処理を行います。

これで、東京⇒金沢の新幹線を購入することが出来ます。乗車時は、スマートフォンをタッチするだけで新幹線に乗り降りができます。

モバイルSuica特急券の割引額は微妙

利便性は高く、スマートフォン1台で乗り降りや座席変更なども出来ますのでとても便利なサービスですが、割引額は微妙です。

スーパーモバトクは座席変更や日時変更が不可出来ない分、約1000円ほどは安くなりますが、デメリットが強く、確実に乗車できる時間を選択する必要があります。

まとめ

今回は、モバイルSuica特急券の使い方について、紹介しました。

利便性も高いことから、新幹線に乗る時には普段から使うサービスになります。

急に乗車時間を変えたいときでも、スマホ上で簡単に変更が出来る点が私に合っています。

残念ながら、こちらのサービスは2020年3月をもって終了してしまいます。

新しいサービスは是非、使いやすいものをJR東日本には提供して頂きたいと思います。

スポンサーリンク