【初心者向け】資産運用のススメ ネット銀行編

資産運用

スポンサーリンク



こんな方におススメ
・銀行の手数料を払いたくない
・ATMの行列に並ぶのに嫌気がさしている
・証券口座と相性がいい銀行を知りたい

エンジニア投資家のラットです。

資産運用のススメ、2回目になります。前回は、第一歩の貯金について解説しました。

今回は、証券口座と相性がいい、ネット銀行について掘り下げて紹介したいと思います。

ネット銀行とは?

銀行と言うと真っ先に出てくるのが3大メガバンクだと思います。

メガバンク
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行

後は、地方銀行とゆうちょ銀行などが有名どころで、皆さん使われている方が多いと思います。

ただ、上記の銀行で、ゆうちょ銀行以外は指定時間外だと手数料が発生するものがほとんどです。また、お金を引き出せるATMの場所が限られていますし、長蛇の列になっていて、引き出すまでに時間が掛かる場合があります。

今の時代、銀行の預金金利は雀の涙にも関わらず、お金を引き出すだけで、108~216円の手数料が発生するのですから、本当に勿体ないです。

例として、100円を預金金利で貯めるのに、どのくらいの金額を1年間預ける必要があるかと考えます。大手銀行の定期預金金利は0.01%と考えると、およそ100万円を預ける必要があります。

ネット銀行はこの手数料が発生することがほとんどないです。
以下にネット銀行のメリットを列挙していきます。

ネット銀行のメリット
・振込の手数料無料
・コンビニATM手数料が無料
・ネット上で振込可能
・証券会社へ即日入金が可能

ネット銀行は一定回数まで、引き出しや振り込み手数料が無料になりますし、意外に便利なのがネット上で振込や残高確認が出来るのでATMに行く必要がありません。
私は、面倒くさがりなので、自宅に居ながらネット上で出来ることに魅力を感じます。最後の即日入金は必要性に分かれますが、すぐに株の買い付けが出来ますので、便利だと思うサービスですね。

ここで、気になるのは安全性だと思います。ネット上のみなので、リスクが心配であると感じる方はいると思いますが。
大手だから銀行は潰れないかと言うと、バブル崩壊で潰れたりする場合もあるのでリスクがあるとは言えません。また、ペイオフ制度で私たちの預金は1000万円までは、保証の対象ですので、ネット銀行だから危険という理由にはなりません。

以上のことから、多くのメリットがネット銀行にはあります。

まとめ

ネット銀行は、昔に比べると身近になっていると思うのですが、意外にも周りで使っている人が少ないように感じます。どうしても、人は先入観で危険であると考えてしまうのではないかと思います。

ただ、思考を停止することは、今の時代、危険であります。国民一人一人がお金の知識を持って、生活しないと絶対に損をする世の中になっていますので、是非、ネット銀行の開設を考えてみて下さい。

スポンサーリンク