【資産運用】リスクについて考える

資産運用

スポンサーリンク



エンジニア投資のラットです。

資産運用をするのにあたり気になるのが、リスクであると思います。

普段の貯金であればその辺を意識しないでいる人もいますが、運用となるとリスクをどのくらい取ればいいのかなど、悩まれると思います。

今回は、資産運用のリスクについて考えて行きます。

目次【本記事の内容】

資産運用のリスクについて

資産運用の普及

日本人は、投資はせずに貯金をするイメージが強く持たれています。

意外なことに、サラリーマンの方ですと、知らずに資産運用をしていることがあります。

株や不動産、FXなど買ったことない人も、間接的に投資をしている場合があります。

年金で株等の運用をしていますし、保険商品や確定拠出年金も資産運用に当てはまって来ます。

ただ、直接的に意識して資産運用をしている人はまだまだ少数派に留まっています。

昔と比較すれば、資産運用の認知が広がり興味を持つ人が増えて来ていて、身近になっていけとは思いますが。

国の中で、特に金融庁は資産運用に力を入れていて、iDeCo(個人型確定拠出年金)やつみたてNISAを推進したり、講演会を開催したりなど積極的に活動しています。

環境は整って来ているのですが、まだまだ資産運用を始める人は少ないように感じます。

なぜなのかと考えると、私はリスクが怖いためだと思います。

資産運用するリスクとしないリスク

資産運用するリスク

皆さんがイメージするものは、株価や為替、不動産価格などあり、値動きが常に変動している。

景気が良くなると、急激に上がり、後退すれば急速に下がるもの。ギャンブルの様であるイメージだと思います。

資産運用の中には、投資と投機があり、後者はギャンブルのように、ゼロサムゲームと言われる、勝者が総取りするものです。

対して、投資は資本を事業者などに投じて利益が上がれば、配当金などで回収ができますし、事業者は儲かる。

つまり、全体が利益を得ることが可能であるので、ギャンブルでないことが分かります。

では、資産運用で考えられる、リスクを羅列して行きます。

資産運用をするリスク
・値下がりリスク
・価値がゼロになる
・手数料等がかかる
・為替の影響を受ける

上2つは、業績悪化で株価低下や上場廃止などが考えられ、多くの方がイメージするものですね。

手数料は買い付け費用や、信託報酬など定期的にかかるものになります。これもリスクの一つであると私は考えます。

また、外貨預金や外貨建などで為替の影響も受けます。

大まかにこれぐらいのリスクが考えられます。

資産運用のしないリスク

逆にしないことでのリスクを考えていきます。以外にしないリスクを意識しない人は多いです。

中には、貯金にはリスクはゼロであるため、安心と考える人もいますが、私的にはリスクがあると感じています。

以下に、しないことでのリスクを羅列します。

資産運用をしないリスク
・為替リスク
・インフレ、物価上昇
・機会損失

為替は円安で円の価値が下がっている場合があります。

また、インフレによる物価上昇で物の値段が上がることで、相対的に目減りしているため影響は大きと感じます。

機会損失は株価上昇などで、景気が上向いている時に、利益を得られなく、目減りがすることが考えられます。

資産運用をするリスクを考えるなら、しないリスクも考える必要があります。

両方の状況下のリスクを認識して資産運用をするのかしないかを決定することが大切です。

適切なリスク

リスクを意識することが、重要であるというイメージがついたと思います。

では、何処まで、リスクを取ればいいのかと考えると思います。

適切なリスクとは

リスクは年齢や性格などで許容範囲が変化してくると思います。

最適なリスクは個人で変わりますので、絶対的な指標は無いと思います。

ただ、無いと終わるのもどうかと思うので、少し抽象的な表現になってしまいますが、私が普段意識していることについて書いていきます。

「資産運用に充てるお金の価値が0になっても大丈夫な金額であること」これだけを私は守っています。

極論無くなってもいいやという気持ちでいると投資判断を誤らないと感じますので、ご参考にしていただければ思います。

まとめ

ここまで、資産運用のリスクについて考えて来ました。

初心者の方ですと、リスク管理を厳しくし過ぎて資産を増やせない場合や、逆にギャンブルのようにリスクを取り過ぎて大きな損失を出す人がいます。

適切なリスク管理は重要であり、銘柄を選考するよりも、どのくらいのポートフォリオでどのくらいリスクが発生するかを理解する必要があります。

運用では、防げないリスクもありますが、防げるリスクもありますので、しっかりと計画を立てて行っていくことが大切になります。

スポンサーリンク