【悲報】NISAが2階建てで複雑化へ

投資

スポンサーリンク



エンジニア投資家です。

少額投資非課税制度(以下:NISA)が2024年から制度内容を変更することで、政府が動いています。

結論として、NISAの複雑化が確実であり、何のために刷新するのか疑問に思います。

今回は、NISAの概要も含めて、変更案を確認して行きます。

目次【本記事の内容】

NISAの概要

NISAとは?

NISAは略称でありまして、正式は少額投資非課税制度になります。

言葉の通りで、投資は本来は運用益や配当金等には約20%の掛かること税金が非課税、つまり、0円になる制度になります。

年間120万円を限度額として、株や投資信託などを買い付けることが可能です。

期限は5年間という限定的なもので、ロールオーバーという非課税期間延長はありますが、少し複雑なので
5年間は非課税になるということが理解出来ればいいと思います。

他に、つみたてNISAがありまして、年間40万円を上限に運用益が20年間非課税になります。

こちらは、長期投資をメインとして、低リスクの投資信託のみ限定されている制度になります。

こちらの内容は割愛させて頂きます。

まとめとして、年120万円で5年間、計600万円が非課税の対象になります。

NISAの取り巻く環境

投資家の中で、求められていたことは、非課税期間の恒久化(期間を定めない)だと思います。

残念ながら、政府等の謎理論で見送られてしまいました。

以下に、NISA恒久化見送りの記事をまとめていますので、参考にしていただければ幸いです。

【悲報】老後2000万円必要なのにNISA恒久化の見送り決定

2023年末でNISAは投資期限を迎えることから、恒久化を待ち焦がれていた身としては、残念な気持ちです。

まだまだ、日本で投資が一般化されるのは先の未来になると感じます。

NISAの変更案

NISA変更案
・積み立て枠(1階)
・上場株式等に投資できる枠(2階)
・2028年までに延長

一言で複雑化したことになります。

1階部分は、リスクが低い投資信託など限定(つみたてNISAと同じ?)になります。

2階部分は、上場株式など既存のNISAに投資できる条件で買付が可能であると思います。

1階部分に投資した人が、2階部分に投資できして、期間は5年間で2028年までになります。

年間の投資限度額は1階部分が20万円、2階が102万円、計122万円となることが検討されています。

そもそも、1階部分はつみたてNISAと同じやんと思います。なぜ、同じ様な内容にするのか謎です。

5年間という半端な期間がまた採用されそうなので、1階を低リスクの投資信託(長期投資向き商品)にした意味がないですね。

2階も一部リスクが高いと判断される商品は除外されるようですが、不明確な部分は大きいです。

この案で行くとなると、NISAへの魅力が下がることは間違えありません。

まとめ

今回の、NISAの2階建ては改悪であることは間違えありません。

決定的なものではないものの、私はこの内容で行くのではないかと感じます。日本人の投資家が増えるチャンスを逃しかねないと思います。

もう少しいい方向に収束することを切に願いたいです。

スポンサーリンク