【キャッシュレス】Suicaで電車に乗ると最大2%還元

キャッシュレス

スポンサーリンク



エンジニア投資家です。

2019年10月から消費税が10%に上がることを受けて、小売店等のサービス業は対応に追われる日々が続いています。

今回の増税では、軽減税率やポイント還元が追加されることから、制度が複雑化しています。

私でも把握するのに大変なので、現金のみで買いもにしている人は理解するのが難しいと思います。

過去の記事でも書いたのですが、私の周りの殆どが制度を知らない人です。

質問されることが多いので、興味はあるけども二度足を踏んでいる人は多いのかと感じます。

【消費増税】キャッシュレス消費者還元を知らない人が多数

そんな中で、2019年10月1日からJR東日本のSuicaが電車に乗るだけでポイントが還元されるサービスを開始するようです。

普段から、よく使うサービスの一つでありますので、紹介して行きたいと思います。

目次【本記事の内容】

Suicaのサービス

Suicaの概要

Suicaとは、JR東日本が提供している交通ICカードになります。

Suicaには大きく2種類ありまして、実体のICカードを使うものと、スマートフォンで使えるモバイルSuicaの2つになります。

今回の還元では、モバイルSuicaが2%でICカードは0.5%ということで、圧倒的にモバイルSuicaをおススメします。

この後からは、モバイルSuicaを前提にして話を進めて行きたいと思います。

モバイルSuicaをご存知ない方は、下記の記事を参考にしていただければ幸いです。

【初心者向け】モバイルSuicaのススメ

JRE POINTについて

今回の還元では、JRE POINTというJR東の共通ポイントが貯まる仕組みになっています。

JRE POINTはサイト内でSuicaへのチャージやグリー券に交換などを選択することが出来ます。

恐らくSuicaは使うけどもJRE POINTを知らない人は数多くいると思います。

元々はSuicaポイントというものが昔からありまして、2016年ごろにJRE POINTが出来てから、2種類のサービスがあることから複雑化になっていました。

2017年末からJRE POINTのサービスが統合されたため、比較的新しいポイントサービスになります。

他にも、えきねっとポイントもありまして、JR東のサービス内でポイントが数多くある状態になっています。

2021年頃にえきねっとポイントもJRE POINTに統合される予定です。

JRE POINTを貯めていて損はないと感じます。

サービスの恩恵と注意点

電車に乗るなら絶対に使うのがお得

JR東の路線内をよく使う人には強くおススメします。

モバイルSuica定期券を購入した場合でも還元率が2%ということで、普段通勤や通学で電車を使用している人が、恩恵を受けられると思います。

逆に乗る頻度が少ない人でも、多少のお得さはあると感じます。

ここで注意点なのですが、JRE POINTサイトに登録したSuicaで電車に乗る場合に限りポイント付与されます。

事前に、サイトへの登録が必要になりますので、忘れずに済ませておくことが重要です。

他社の鉄道会社も追従するかもしれない

JR西のICOCAは一部時間帯で4回目以降の利用一回ごとに30~50%の還元が貰えるサービスや回数を11回以上乗ると10%還元などを展開しています。

前者は通勤時間帯の混雑緩和を狙ったサービスであり、後者は利用回数を増やして欲しいと感じます。

ICOCAのは少し複雑なサービスで利用者も限定されているため、全体への恩恵は少ないです。

そう考えると、今回のSuicaのポイント還元はスマートなので、好感は持てます。

ただ、JRE POINTの使いやすさや交換が簡単であればいいのにと感じます。

他の鉄道会社もサービスを展開してくるかもしれませんね。

まとめ

今回は、Suicaを電車に乗るときに使うと、還元が貰えることを紹介しました。

各鉄道会社で、独自のサービスを展開していることが多く使い道が限定されることがほとんどです。

Suicaは普段の買い物でも利用するシーンが多くありますので、2%還元は消費者には朗報だと思います。

最近はPayPayやLINE Payなどのコード決済は注目を集めていますが、ICカードの影が薄くなっていますので、巻き返して欲しいと感じます。

スポンサーリンク