【クレジットカード紹介】ビックカメラSuica

クレジットカード

スポンサーリンク



エンジニア投資家のラットです。

今回は、私が使う機会が多く、お得なビックカメラSuicaカードについて紹介したいと思います。

目次【本記事の内容】

ビックカメラSuica概要

Suicaは交通系ICカードとして、ご存知の方は多いと思いますが、ビックカメラカードは知らない方もいると思いますので解説して行きます。

ビックカメラSuicaとは

ビックカメラSuicaはビックカメラが発行するクレジットカードにSuicaが付帯されているカードになります。

Suicaとして、使えるほかクレジットカードとしても使うことがものです。

Suicaは他の主要カードに付帯されている場合があり、JR東のビュー・スイカやイオン系のイオンSuicaカード日本航空のJAL Suicaカードなど多数のクレジットカードに付帯させることが可能です。

それだけ、SuicaというICカードの利用範囲が広いことを意味しています。

ビックカメラSuicaカードの特徴

ビックカメラSuicaカードの特徴を以下に羅列して行きます。

カードの特徴
・モバイルSuicaの年会費が無料
・年に一回の利用で年会費無料
・JREポイントとビックカメラポイントの2種類が貯まる
・Suicaにチャージすると還元率が3倍の1.5%
・web明細利用で年間600ポイント獲得

モバイルSuicaの年会費無料

本来はモバイルSuicaの年会費は有料ですが、ビックカメラSuicaカードはビューカードも付帯されているので、モバイルSuicaのクレジットカードとして、登録すると年会費が無料になります。

iphoneユーザーはモバイルSuicaを使う場合でも無料で使えますので、androidユーザーが効果を得られます。

2020年の2月からモバイルSuicaの無料化が決定していますので、ビューカードの年会費無料の恩恵は無くなります。

今まで、年会費無料では無かったのがおかしい程です。

年に一回の利用で年会費無料

ビューカードは年会費が無料になることはありませんが、ビックカメラSuicaは一度でも利用すると年会費が無料になります。

JREポイントとビックカメラポイントの2種類が貯まる

JREポイントとビックカメラポイントがそれぞれ0.5%ずつ貯まります。

通常の使い方では、他の高還元クレジットカードと変わらない還元率になっています。

Suicaにチャージすると還元率が3倍の1.5%

JREポイントの還元率は普段0.5%ですが、Suicaにチャージや新幹線などの購入に使うと還元率が3倍の1.5%になります。

ですので、Suicaを普段から使う人には最適なクレジットカードであると言えます。

JREポイントは1ポイント=1円として、Suicaにチャージすることが可能です。

商品などに交換することも可能ですが、Suicaにチャージする方が、使い道は多いと思います。

web明細利用で年間600ポイント獲得

web明細を利用するだけで、月に50ポイントで年間600ポイントが貰えるので、活用しない手はないですね。

マイページ上でweb明細に変更出来ますので、明細は紙でなければ不安である人以外は、変更をおススメします。

特徴を見てみると、Suicaとの相性がいいことが分かると思います。

逆にSuicaを使わない人は、あまり恩恵は少ないですが、モバイルSuicaでICカードを持たずに、スマホで改札を通過や買い物支払いにも使えます。

今一度利用範囲を確認してみると、意外に使い道が多くあると思います。

お得な使い方

モバイルSuicaの支払いカードで設定

ビックカメラSuicaカードはモバイルSuicaにチャージや特急券等を購入してこそ、大きな恩恵を受けますので、モバイルSuicaに登録して使うことが重要です。

下記にモバイルSuicaの記事を紹介します。

【初心者向け】モバイルSuicaのススメ

Suicaでの使用で、還元率が1.5%になりますので、楽天カードやオリコカード、リクルートカードなどの高還元率カードを上回る還元を得ることが出来ます。

また、ポイント自体もSuicaにチャージすることで、利用範囲は問題ないと思います。

定期券としては使えない

1つ注意点がありまして、ビュースイカカードは1枚で定期券としても、使用することが可能なのです。

しかし、ビックカメラSuicaカードは定期券として、もう一枚持つ必要があるので、2枚持つ必要があります。

定期券として使用した場合で、2枚を持つことが不便な場合は、ビュースイカカードを推奨します。

まとめ

ビックカメラSuicaカードについて紹介しました。

Suicaを日頃から使用する人は、ビックカメラSuicaカードを作ることで、恩恵を多く受けることが出来ると思います。

特に、ICカードの中でも使用範囲が広いので、作っておいても損は少ないと思います。

スポンサーリンク