【初心者向け】格安SIMのススメ UQモバイル編

節約

スポンサーリンク



エンジニア投資家のラットです。

昨今は、一般化している格安SIMというものがあります。

私が使い始めた、5年ぐらい前は、周りに使っている人もいなく、MVNO(仮想移動体通信事業者)の種類も少ないため選択肢が殆どない状態でした。

今は、多数のMVNOがあり、どの大手キャリアからでも格安SIMに変えられる環境になりました。

数ある、MVNOの中でも私が使っているUQモバイルについて紹介して行きます。

目次【本記事の内容】

格安SIM

格安SIMとは、MVNOが提供する通信サービスであり、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)が提供するサービスと比較して、3分の1程度の金額でスマホを使うことが出来ます。

格安SIMの仕組み

格安SIMがなぜそこまで安いのかですが、理由として、MVNOが提供しているからです。

MVNOは大手キャリアから電話回線を借りて自分たちでサービスを展開しているため、インフラの維持費や自店舗も持たないためコストが極端に少なく、それにより、携帯料金が格安で提供することが可能です。

au回線借りている格安SIMではauユーザーと同じ通信エリアになり、ドコモならドコモの通信エリアで使用することができます。

大手キャリアから乗り換える場合は、端末にSIMがロックされています。

ロックを解除するか、自分が使っていたキャリアの回線であればロックを解除せずに使えますので、格安SIMを選ぶ場合は、現在のスマホが使えるかの確認を忘れずにして下さい。

格安SIMの選び方

昔は、ドコモの回線を借りている格安SIMが多く、au回線はUQモバイルだけでソフトバンクは使えない状況でしたが、現在はどのユーザーでも簡単に格安SIMに乗り換えることが可能です。

格安SIMの選び方が多数あります。

格安SIMの選ぶポイント
・端末に対応する回線を提供
・通信速度
・自分に合った通信量サービス
・独自のポイントサービス

以上の様に人によって様々だと思います。

注意点として、格安SIMはキャリアと比較して、速度面でお昼など皆がスマホを使う時は、遅い傾向があります。

格安でスマホを使いたいけども、速度は妥協できない方には、今回紹介する、UQモバイルがおすすめです。

UQモバイル

UQモバイルとは

UQコミュニケーションズ株式会社が展開する格安SIMになります。

2014年から格安SIMを展開していることから、5年以上もサービスを展開しています。母体はKDDIグループの1社で、UQ WiMaxを展開していることから、事業も安定している企業になります。

最近は、CM等で大々的に広告を打っていることから、最も知名度が高い格安SIMであると考えます。

UQモバイル特徴

UQモバイルの特徴は何といっても、通信速度が大手キャリアと同等であることです。

格安SIMはどうしてもお昼や夜など、大勢の人が使う時間帯は通信速度が遅いです。

ただ、UQモバイルは混み合う時間帯でも、安定した速度が出ますので、ストレスフリーで使用することが可能になります。

また、第3社機関の調査で顧客満足度No.1を何度も取っていることから、信頼性の高さが受け取れます。

デメリットの部分もありまして、データ通信のプランが少ないことが上げられます。

基本的なSIMのみプランはデータ高速プランの月3Gのみであり、後はデータ無制限プランという速度が遅い物しかありません。

月に3G以上使いたいという方には、おススメができないことになります。

まとめ

今回は、格安SIMのUQモバイルについて紹介しました。

現代の生活費の中でも大きな部分を占めるようになっている、通信費をどれだけ安くして行くかが節約の課題であると考えます。

その中で、固定費である通信費を減らすことは最も効果が高いものであります。

格安SIM導入は一度手続きをすれば、その後は継続して固定費削減をしますので、おすすめな節約方法になります。

浮いたお金は、自己投資や資産運用等に使うことでより良い生活がおくれると感じます。

スポンサーリンク