【初心者向け】ふるさと納税のススメ

ふるさと納税

スポンサーリンク



エンジニア投資家のラットです。

今回は、何かと話題に上がっている、ふるさと納税について紹介したいと思います。

最近は過熱し過ぎていますが、節税の選択肢が少ない、サラリーマンとしては、容易に効果が得られるものになります。

今回の内容
・ふるさと納税とは
・どれくらい節税効果があるのか
・おススメのサイトは

以上の内容を記載していきます。

ふるさと納税とは

任意の自治体に寄付をして、その見返りに名産品などの返礼品が貰える制度であり、手続きをすることで、所得,住民税の控除が受けられます。

名前がふるさと納税というので、たまにふるさと以外は寄付できないと勘違いされる方も多いですが、特にゆかりもない自治体に寄付することも可能になっています。

注意点として、自分の住んでいる自治体に寄付をした場合は、返礼品は貰えないので理解しておいて下さい。

寄付金と使い道を自治体に指定出来ます。

例えば、子供が暮らしやすい社会を作ることにお金を使ってくださいと言うように、自らが望むことに使えることもメリットの一部であります。

どれくらい節税効果があるのか

自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を越える部分の税金が控除されます。

控除を受けるためには、確定申告をしなければならないのですが、現在はワンストップ特例制度というものがあります。

ワンストップ特例制度とは
年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告をせずに、寄附金控除が受けられる制度です。

申請書を自治体に送ることで、控除上限額内で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から控除されます。

この制度使いますと面倒な確定申告をせずに控除が受けられるという素晴らしい制度になります。

控除額の例として、

年収500万円独身の場合
実質2,000円でできる寄付金額上限は約61,000円になります

つまり、約59,000円分の返礼品をタダで手に入ることと同じになります。

返礼品の種類は、米や魚,肉などの食材から、ビールや日本酒,洗剤やタオル,家電まで多種多様なラインナップがあります。

自分の好きなものを見つけて寄付を行えるのも人気な理由になっています。

おすすめのサイトは

最近は、ふるさと納税の過熱からふるさと納税サイトが乱立している状態であり、中には詐欺の様なサイトもありますので、注意が必要です。

今回は、私が実際に使って良かったサイトを紹介します。

ふるさと納税サイトのおすすめ
・さとふる
・楽天ふるさと納税
・ふるなび

以上3サイトになります。一つ一つ確認して行きましょう。

さとふる

運営は株式会社さとふるでソフトバンクグループの1社であります。

提携自治体が約480にも上る選択肢の広さと、ソフトバンクグループということもあり、大手3社ドコモ、au、ソフトバンクの携帯料金と一緒に払うことが可能になっています。

さとふるクラウドファンディングという取り組みもあります。

世の中にない新しいものを開発したり、問題を解決するなどのアイデアを持つ人が、インターネットでお金を募るものになります。

クラウドファンディングは大きなメリットがあり、使う用途が具体的であるため共感したアイデアに寄付をして、夢の実現を手助けできるものです。

楽天ふるさと納税

運営は楽天株式会社であります。

こちらも提携自治体は約480にも上るため選択肢がたくさんあります。

こちらの特徴は、楽天市場の一部のサイトですので、寄付をすることで、同じように楽天ポイントが貯まります。

キャンペーン等でもポイントUPを楽天市場の商品と同じように受けられるので、お得にふるさと納税を行うことができます。

ふるなび

運営は株式会社アイモバイルという一部上場企業になりまして、基盤は問題ないと思います。

提携自治体は約200と他に比べると規模は小さいですが、寄付金額の1%のAmazonギフト券が貰えます。

さらに、Amazonギフト券の還元キャンペーンをやっていますので、お得にふるさと納税を利用することが出来ます。

今回紹介したものは、実績があるサイトですので、安心して使って頂ければと思います。

まとめ

今回は、ふるさと納税をについて簡単に紹介してきました。

最近は、ふるさと納税規制法案というものが国会で採決されて成立しました。

返礼品は寄付額の30%までの地場産品に限定するものになりますので、お得に出来るのは6月までになります。

ですので、早めにふるさと納税をして頂ければと思います。

スポンサーリンク