【転職体験記】転職エージェントの面談

Company CEO and HR manager reading applicant resume or cv while employee waiting for questions, discussion and result during recruitment process in office. Concept of hiring, employment. Close up view
転職

スポンサーリンク



エンジニア投資家のラットです。

私が体験しました転職活動の続きになります。

前回までは、転職活動の初め方について紹介しました。

今回は、転職エージェントの面談について詳しく解説して行きます。

目次【本記事の内容】

転職エージェントの面談

転職エージェントのサービスを使う場合には、まず初めに面談を行い、進め方や求人の紹介などについて面談をして行きます。

転職エージェントとは
無料で転職相談に乗ってくれて、求人検索から面接の日程調整、待遇交渉まで転職全体をサポートしてくれるサービスになります。

面談前準備

エージェントとの面談では、気軽に参加して下さいと言われますが、早期で転職活動を成功させるためには、この段階で企業面接を受けるものを事前に準備しておくと円滑に求人応募まで進みます。

準備物
・職務経歴書

職務経歴書を書くことで面談の殆どの準備が終わります。転職の意思や理由、現在の仕事内容などをカバーすることが出来ます。

転職エージェントを使うのにあたり、転職を直ぐにでも開始するという意思表示が大切です。エージェント側は転職意思が高い人を優先にいい求人を紹介します。

なぜなら、転職者が企業側に入社をすることで、転職サイトにお金が入る仕組みになっているため、自分たちの利益になる人材を優先順位高くします。

なので、自分が金になるということを前面に出して面談に当たることが大切です。

面談内容

面談は直接か電話の2つがあります。仕事が忙しい場合は電話でも可能ですので、面談で時間を拘束されることは少ないです。

以下は実際の面談で聞かれた内容になります。

面談内容
・転職理由
・過去の経験
・希望の業界と職種
・希望の勤務地
・希望年収
・転職経験
・転職状況

突拍子のないことは聞かれないので身構える必要性はありません。

特に、転職理由と過去の経験は深堀して聞かれますので、考えて行くと面談が円滑に進みます。

この面談の情報を元に、エージェントは求人を紹介しますので、いい求人を得るためにはアピールすることが大切です。

求人の選択ポイント

面談が終わりますのと、早い場合ですと、その場で求人を紹介してもらう場合があります。

求人を見るときの注意点を解説して行きたいと思います。

求人選択の注意点

面談が終わってすぐ紹介される求人は注意する必要があります。

まず、エージェント側が捌きたい求人を紹介して来ますので、条件が良くないものが多いです。

面談時は、考えますぐらいで、回答して他の求人も見つけるように指示することが大切です。

また、エージェントや求人の内容を鵜吞みするのではなく、会社の口コミサイトや他のエージェントにも意見を聞いて、客観的な評価を得ることが重要になります。

どうしても、狭い情報を便りしてしまうと、入社時に思わぬミスをしてしまいますので、注意が必要です。

入社したいと思う会社だけ応募

私が実際に転職活動をした時に失敗したことだったのですが、入社したいか微妙な会社に応募してしまうと、面接の日程調整が難しくなることがあります。

エージェントは、面接に進める企業は2割ぐらいなので、30社はエントリーするべきと言われて行いました。

私の場合は10社ほどが面接に進んでしまい、半分の面接を辞退することになってしまいました。

仕事をしながらの、転職活動は時間がないので、受ける企業も絞って行かなければなりません。

エージェントを信じてしまった結果、失敗してしまいました。

絶対に入社したいと思える企業だけに応募することを意識することが大切です。

今は、人手不足ですので、面談には多くの人が進めると思います。

まとめ

今回は、転職エージェントの面談について紹介しました。

エージェントはプロだと思われる方もいますが、質は差がありまして、いいエージェントに当たるかは運があります。

悪いエージェントが担当になった場合は、変更することは出来ますので、素早く変える必要があります。

私も一人のエージェントは担当から外してもらいました。

特に、エンジニア系の転職活動になりますと、エージェントも専門知識が必要ですので、知識がないと話が噛み合わなく希望と違う求人を紹介されます。

エージェントには、自分の意見を強気に示すことが大切です。

次回は、転職理由や過去の経験などの職務経歴書と面接対策について考えて行きたいと思います。

スポンサーリンク